赤ちゃんが泣いている理由がわかる!5種類の泣き声の聞き分け法

こんにちは。

最近は息子が泣いても「泣き顔も可愛いなー」なんて余裕綽綽なぼちぼち母ちゃんです。

「赤ちゃんは泣くのが仕事」と言われていますよね。

赤ちゃんが泣く理由は様々で、

  • お腹がすいた
  • おむつを替えて欲しい
  • 眠い
  • 暑い・寒い
  • 抱っこして欲しい, etc…

実は赤ちゃんの泣き声は5種類あると言われていて、泣いている理由によって泣き方が違うんです

それぞれの泣き方を聞き分けすることができれば、すなわち赤ちゃんの欲求がわかる!

うちの息子は決してよく泣くというわけではなかったんですが、たまに泣いている理由がわからず困り果てていたので、泣き方に違いがあると知ったときは驚きでした。

赤ちゃんが泣きやまないとこっちまで余裕がなくなって焦ってしまいますが、これを知ってからは息子が泣いても「聞き分けゲームの時間が始まった!」くらいの感覚で余裕を持って育児できるようになったので、みなさんも是非聞き分けにトライしてみてください。

赤ちゃんの泣き声のバリエーション

泣き声は全部で5種類。

  • Neh (ネェ)…お腹がすいた
  • Owh(オォ、アォ)…眠たい、疲れた
  • Heh(へェ)…おむつを替えて欲しい、汗をかいて気持ち悪い
  • Eh(エッ)…ゲップを出したい
  • Eairh(エァー)…お腹にガスがたまっている、お腹がが痛い

赤ちゃんが泣いたら、よーく聞いてみてください。

この中のどれかになんとなく当てはまっていると思います。

泣き声の聞き分けを知っているのと知らないのとでは、育児の精神的な楽さが格段に違ってきますよ!

実際に聞いてみると違いがわかりますので、動画と聞き分けのコツを参考にしてくださいね。

赤ちゃんの泣き声を聞き分けるコツ

Neh (ネェ)お腹がすいた


N音で始まる。

「ナァァ」とか「ニャー」とか、ナニヌネノっぽく聞こえる。


空腹でおっぱいを吸う反射が誘発され、舌を上あごに押しつけることでN音が鳴るそうです。

母乳の場合はすぐに飲ませてあげましょう。

ミルク育児の場合は、すぐに!というわけにはいきませんが、最近ではミルクの保温や急速解凍や急速加熱ができるものも出ているので、こういう便利グッズを利用すると楽ですよ。

Owh(オォ・アァ) 眠たい、疲れた


「ア゛~」とか「オァァ~」という感じ。

あくびをしているような声ではじめは弱々しいですが、徐々に強くなっていきます。

この泣き声の時に機嫌を直そうと笑わせてみたりあやしたりしてしまうと、赤ちゃんは眠たいのに眠れないループに入ってしまうので気を付けましょう。

眠れない赤ちゃんにはホワイトノイズがおすすめ。

おかあさんの胎内にいたときの音も出せる優れものです。

1 2